永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛のレーザー照射が皮膚ガンのもとになるなんて噂がありますが、そんな事はありません。レーザー永久脱毛では、施術後に照射した部分のお肌が乾燥したり、赤みが出たり、軽い火傷になるなどの肌トラブルが一時的に起きる事もありますが、副作用で病気や皮膚ガンになるような事はありません。日本医学脱毛協会によると、皮膚ガンの原因となるのは紫外線であって、レーザーの光は赤外線に近いので心配する必要はないとされています。

永久脱毛による副作用

クリニックで行われている永久脱毛では出力の高いレーザーを照射できるので、効果的にムダ毛の再生組織にダメージを与えていくことができます。
出力が強い分、副作用のリスクを心配している方もいるでしょう。例えば、施術後に赤みやニキビが発生したり、毛膿炎になってしまう場合もあります。しかし、このような炎症や症状は基本的に一時的なものなので自然治癒するケースがほとんどです。もし、時間が経過しても症状が改善しない場合は医師や看護師に診てもらえば安心です。
永久脱毛では、メラニン色素に吸収される性質のあるレーザーを用いるので、強く日焼けしていたり、十分にシェービングしない状態で施術すると火傷の原因となる可能性があります。
医師が施術可能かどうか判断するので火傷になることはまずありませんが、脱毛すると決めたらできるだけ早めに日焼け対策を行い、施術前はしっかりシェービングしておくようにしましょう。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛でワキ汗が増えるというのは”勘違い”です。
よく脱毛した方の口コミで「ワキ汗が増えた」という声が多く寄せられていますが、実はワキ汗の量が増えるわけではなく毛穴の中の毛がなくなったことにより、毛の抵抗が無くなり汗が流れやすくなったことで、毛穴から汗がダイレクトに流れ落ちるため、多汗症になったように感じられるということです。
面倒だった日ごろの脱毛処理がなくなった分の代償・副作用として仕方のないことのようです。
服へダイレクトに汗が染みやすくなるのでワキガのケアをしっかり行うとよいでしょう。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛では医療用レーザーを使用し、レーザーの熱で毛根を破壊して脱毛を行います。そのため、肌質によっては肌トラブルが発生する恐れがあるため、カウンセリングの際には医師によるパッチテストが行われ、安全性を確認したうえで施術が行われます。
永久脱毛では事前にパッチテストや肌のチェックが行われるため、乾燥肌や敏感肌、アトピー肌の方でも施術が受けられます。もし、脱毛の施術中に皮膚に赤みが生じたり火傷をしたような時には、医師がその場で迅速に処置をしてくれますので、安心して施術を受けることができます。
永久脱毛が可能なのは医療用レーザーを使用する美容クリニックだけです。医学知識を有する医師が施術を担当するため、民間療法の脱毛よりも安全性は高いです。

永久脱毛 吉祥寺 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です